高いポイント還元率などが魅力ですが、使い勝手の悪さに不評の声もあります。

楽天ペイ

楽天Payのロゴマーク

楽天ペイは名前の通り楽天が提供するQRコード決済です。
特徴は楽天ポイントがたくさん貯まることです。
楽天をアクティブに使う方や楽天カードを保有している方にオススメで、クレジットカードと楽天ペイのポイントを2重でもらえるメリットがあります。
全国のローソンが加盟店になっているほか、ネット系コンテンツを対応しているところが多く、人気の高いサービスです。

 

楽天IDとの連携とクレジットカードの登録が必須です。
楽天の会員ランクがレギュラーの方は楽天カードのクレジットカードにしか対応できず、シルバー会員以上になると任意で他社のクレジットカードを登録させることができます。
支払い時にカードを取り出す手間がなくなるQRコード払いならではのメリットのほか、登録するだけで1,000ポイントもらえる特典で利用者を増やしています。

 

楽天ユーザーから好評

楽天Payの公式ホームページのスクリーンショット

 

楽天市場はAmazonと同等のシェアを誇る大手ECサイトです。
昨今はテレビCMによる広告活動でクレジットカードの人気が高まり、クレジットカードの人気ランキングでは楽天カードが常にランキング上位に入っています。
楽天ペイを使うと楽天スーパーポイントがザクザク貯まって、ポイントは楽天市場をはじめ楽天関連のサービスで活用することができます。
楽天市場を頻繁に使っていて楽天カードを持っている人が楽天ペイ利用者の大半を占めています。

 

利用限度額が少ない

 

楽天ペイはポイント還元率が高くて、ポイントの使い勝手の良いメリットがあります。
ローソン、マクドナルド、和民グループなど、DMM.comなど利用できるサービスが幅広いです。
しかし、会員種別によって利用が制限され、レギュラー会員だとローソンで利用できる金額が1日4,000円に制限されるなど、アクティブに買い物を楽しむ人には使い勝手が悪いです。
利用一回あたりの上限金額は10万円に制限されていてクレジットカード払いしか選択できないことを踏まえると使い勝手が悪いです。

 

セルフ決済機能が不評

 

一般的なQRコード決済はスキャンかQR表示をしてお店の人が入力や商品のバーコードを読み込んで決済額と決済先店舗を連携させます。
楽天ペイは金額や支払い先店舗を任意設定するセルフ払い機能が用意されています。
読み込みができない場面や席から支払いをしたいときに便利な機能ですが、金額や決済先店舗の入力を間違えると面倒です。
すぐに連絡すれば決済のキャンセルもできますが、加盟店の確認を取る必要があり、気づかずに桁の多い金額を決済してしまうこともあります。
基本的な機能は他社のQRコード決済機能とほぼ同じで、加盟店の数はまずまずですがセルフ決済機能はなくてもいいという意見が多いです。
利用可能な店舗が少ない問題もありますが、それは類似サービスも同じです。
ポイントの一本化という目的で楽天ユーザーの囲い込みをしているので、QRコード決済の普及に合わせて一定のシェアを獲得していくことが予想されます。