全国交通網での互換性やチャージ方法の改善が課題とされています。

交通系ICカード

 

交通系ICカードは電子マネーのパイオニア的存在です。
電車やバスの公共交通機関は小銭を使うことが多く、切符の購入やバスの両替作業を大幅に軽減しました。
さらに電車の改札を通る際に切符を通す作業をなくして、非接触のICカードによって、かざすだけの作業を可能にした事で一気に普及しました。
現在はコンビニをはじめ店頭で交通系ICカードを使える店舗が増えたことで、電子マネーとして活用する人が増えています。

 

主要交通系ICカード10種

・Suica (JR東日本)
・PASMO (首都圏)
・Kitaka (JR北海道)
・manaca (名古屋周辺)
・TOICA (JR東海)
・ICOCA (JR西日本)
・PiTaPa (関西、東海、北陸)
・SUGOCA (JR九州)
・nimoca (九州)
・はやかけん (福岡)

 

交通系ICカードは一部を除いて全国相互利用はできるものの、JRの場合は管轄の異なる区間をまたいで利用することはできず、コンビニなどの店舗系も使えるエリアが限定されています。
特定のエリアでしか使わない人は不自由しませんが、旅行や出張で全国を利用すると互換性が低く不自由に感じることがあります。

 

主に改札での手動チャージ

交通系ICカードを利用する改札口

交通系ICカードは主に駅の自動券売機での手動チャージになります。
チャージの限度額は主に2万円に設定されていて、普段から電車を使わない人はチャージする環境に苦労します。
バスの場合は1回に1,000~2,000円しかチャージできない規制をしているところも多く、混雑しているバスだとチャージすると肩身の狭い思いをします。
一部でクレジットカードのオートチャージに対応しているところもありますが、クレジットカード機能付きのSuicaカードやスマホなど選択肢が限定されています。
愛用者が多い一方でチャージの手間や現金による手動チャージがネックになって、銀行振込や任意のクレジットカードからオートチャージできる電子マネーに乗り換える人も多いです。

 

特典が少ない

交通系ICカードと電子マネーと現金の選択肢

 

ビュー・スイカカードはオートチャージでクレジットカードのポイント還元率が優遇されるメリットがありますが、主に発行元はJRか私鉄やバス会社が共同運営する会社です。
現金チャージをメインにしている特性から、ポイントが貯まる、商品が割引になるといったメリットは少ないです。
後発組の電子マネー利用できる店舗が限定されるデメリットがありますが、自社グループで使うとポイントが付いたり割引価格が適用されたりするなど、現金よりもお得に利用できます。
交通系ICカードは電車やバスの運賃が若干割引されますが、切符や現金払いに比べて数円程度の恩恵しかありません。
普段から公共交通機関を通勤や通学で頻繁に使う人は、電子マネーを一本化する目的で使っています。
電子マネーを普及させた立役者ではありますが、全国どこでも同じ条件で利用できないなど課題も多く、本格的なキャッシュレス化に向けて現金チャージの課題も解消する必要があります。

➾キャッシュレス化の課題